院長ご挨拶・想い

ご挨拶

皆様、初めまして。 あきやま歯科クリニック院長の秋山廣輔(あきやま こうすけ)と申します。    2017年4月に、私の故郷である明石市魚住町で歯科医院を開院させていただきました。    私が開院する医院のすぐ隣には、秋山小児矯正歯科医院があり、約30年間、両親が日々診療に励んでおります。  幼い頃からわんぱくだった自分を育ててくれた土地、そして一人の人間としての土台を築いてくれた土地で、歯科医師として地域の皆様の口腔健康の維持・増進に貢献できることをとても幸せに感じます。     歯科医療は、「笑う」「話す」「食べる」という、生活の中の「当たり前」を支える医療と考えます。 この「当たり前」があるからこその「安心した生活」を生涯を通して感じて頂ける歯科医療をお届けします。    「安心した生活」を送るために、皆様との対話を大切にして「安心して通院できる歯科医院」を目指していきますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。






略歴




小学校〜高校までは、魚住で過ごしました。

錦ケ丘小学校 卒業
私立淳心学院中学・高校 卒業

大学からは、北海道で過ごしました。

国立北海道大学歯学部 卒業
国立北海道大学大学院 卒業 博士号取得
国立北海道大学 遺伝子病制御研究所で研究員として勤務
札幌市内歯科医院で副院長として勤務

2017年4月 あきやま歯科クリニック 開院

安心できる歯科医療のために。

歯科医療は、「食べる」「話す」「笑う」といった、 日常のとても身近な行動を支えることで、生活の中にある安心を守るものです。   では、歯科治療はどうでしょうか?   ムシ歯ができると歯を削り、詰め物や被せ物をすることで、歯の機能を修復します。 ムシ歯が再発すると、またその治療を繰り返すことで、多くの歯は最終的に失われてしまいます。   あきやま歯科クリニックは、 歯を治療する為の歯科医院ではなく、「安心を届ける歯科医院」を目指します。   患者様一人ひとりと、 しっかり向き合って診査・診断し、同じゴールを見つめるためのカウンセリングを行ない、その方にとって、最善の治療を届けたいと考えます。

また、患者様に適したメンテナンスプログラムによって、 皆さまの生活の安心を長期に渡って支えることが私たちの使命と考えております。   ただ歯の機能を回復させるだけの修復治療ではなく、 皆さまの10年後、20年後の安心できる生活を考え、 残された歯だけでなく、お口全体の機能を守るための治療をご提案していきます。   あきやま歯科クリニックは歯科医師・歯科衛生士がチームとなって、 安心できる歯科医療を届け、患者様の生活の質を支えるお口の健康・安心をお守りします。





地域に根ざした歯科医療を。

診療時間

TEL 078-947-8800